アスペルグレーの花子と不安の少ない太郎の違い。

f:id:ehonmama:20160305052711j:plain

(本文と関係のない写真です)

 

太郎(2才2ヶ月)は生後半年から週一で保育園の一時預かりをお願いしています。1才過ぎてからは徐々に増え、今は月に10日位といったところ。

太郎はあまり人見知りせず、保育園に行っても嫌な顔をしたり少しべそをかくことがあるものの基本的には嫌がりませんでした。

それが先日、ちょっとした流れから太郎に「3才になったら花子と幼稚園行って、お弁当食べて、バスに乗って帰ってくるかい?」と話しかけたら、「ようちえん、いく。ばすのるの、はーちゃんと」と返事が。そして次の日、保育園に行くと「いきたくない、ようちえん!」と号泣。その日は泣いて怒ってばかりで、お迎えはお昼寝タイムの時なのですが、いつもはグーグー寝ているのにぱっちり起きていました。そして次の日も・・・太郎は3才のところが理解できなくて、ただ花子と幼稚園に行けるんだ!と理解しちゃったみたい。ここまで記憶できていることにびっくり。下手なことは言えなくなりました。

それにしても花子と太郎の違い。花子は第1子ということもあるけれど、不安が強く、何か予定が入ればそのずーっと前から「これこれこういうことがあるからね」とくり返し言い聞かせていました。それは発達検査を受けるずーっと前から。言わないで急に連れていくとパニックになります。

花子のお友達と遊ぶ約束をする時も、ehonmamaはあらかじめ「いついつ、お友達が遊びにくるからね」と伝えてありました。急に決まって連れていったら全然遊べなかったこともありました(園では仲良くしていても)。なので、ママ友の一人から、直前まで言わないようにしているという話を聞いた時はとてもびっくりしました。なんでも先に言っちゃうと早く行きたい行きたいとずーっと騒いじゃって、万が一熱などでいけなくなった時はむくれて大変だそうなのです。

それが今の太郎、そのままなのかも。ちょっとうれしい悩みが増えました。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村