読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/23 四方からの観察に「なんのかげ?」

以前四方からの観察の参考にと本を紹介しました

最近、花子がひっぱりだしてきたこちらの本

f:id:ehonmama:20160423081212j:plain

 

かがくのとも2012年11月号「なんのかげ?」

f:id:ehonmama:20160423081308j:plain

ひかりを当てる方向でかげがかわってみえる。

何度も何度も読んで寝る前には影絵遊びをやっていた時期がありました。

 

ちいさなかがくのとも2013年3月号「なぞってみたよ」

f:id:ehonmama:20160423081401j:plain

こちらも方向をかえれば、なぞった形がかわることに気が付きます。

家庭のいろいろなものをなぞって遊ぶだけで花子はよろこんでくれました。

 

 

Z会のペアゼットを資料請求したことがあり、やってみたいと考えたことが何度かあるのですが、どちらにしろ親子で取り組むのであれば、かがくのともを読んで実際にやってみるで充分なのかなと思います。

ペアゼットがあればお膳立てされていて、毎月のことだから親としてもやろうと思う動機づけになるのでしょうが、

花子は”やらされている感”を感じるとさっと逃げていくので絵本を読みながらできることをやる位がちょうどいいのかな。

どちらもこどものとも、かがくのとものバックナンバーは3年位までなのでもう販売されていないと思います。

3年以内で出版社に在庫あれば本屋さんで普通に注文できます。

図書館でさがしてみてください。

 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ←クリックで応援お願いします
にほんブログ村