きょうりゅうブームに「きょうりゅうきょうりゅう」「つみきでとんとん」

最近きょうりゅうにはまっている太郎(2才5ヶ月)です。

はじまりは小学館の図鑑NEOでした。

主人は花子が生まれてから図鑑を揃えたいと、いろいろ調べて小学館に決めました。

そこから、こどもの日と誕生日とクリスマスに1冊ずつ買い足していました。

おととし位に買った「恐竜」にはドラえもんのDVDがついていてこれが子どもたちが気に入っています。

太郎は最近では毎日のように見たがっています。

絵本ではきょうりゅうは車や電車ほどは充実していないのかな?

あまりみかけません。

あっても2才児には難しい内容だったりします。

が、地道に探してみたいなと思っています。

f:id:ehonmama:20160526061304j:plain

バイロン・バートン「きょうりゅうきょうりゅう」福武書店

シンプルでやさしい絵本でした。

バートンの乗り物の絵本が好きなら一緒に読むといいと思います。

竹下文子 鈴木まもる「つみきでとんとん」金の星社

「すすめ!きゅうじょたい」や「せんろはつづく」シリーズのお二人の本です。

上記の乗り物の本が太郎が大好きで図書館で隣に並んでいた「つみきでとんとん」も一緒に借りてきました。

f:id:ehonmama:20160526062509j:plain

きょうりゅう以外にもきりんやお城をつくっています。

積み木でなにかつくってみたくなっちゃう絵本です。

 

にほんブログ村 子育てブログへ←クリックで応援お願いします
にほんブログ村