久しぶりの衝撃、川上未映子「君は赤ちゃん」を軽く超える「かなわない」

育児エッセイコミックの王道は

東村あきこのごっちゃん。

 

では文芸は?

以前、川上未映子の「君は赤ちゃん」を読みました。

出産後の愚痴愚痴をメンタルをこまかーく明け透けに書いてくれています。

正直、そこまでいう事?と思わなくもないですが、今の時代特有の子育ての大変な部分が切り取られています。

で、たまたま手に取った「かなわない」これかなわないですよ、植本一子には。

前知識なしで読み始め、育児辛いあるある!と読み進めていくとだんだん怪しい雲行きに。

母になって女ではなくなってしまう辛さから脱却し、また女になる。

っていうか恋しちゃって不倫しちゃってます。

そのテンションは「あなたのことはそれほど」のみっちゃんレベル。

これ出版されたの2016年なんです。

ここに感想を残そうと思いながら1年たち・・・

どうして今こう書いているかと言えば

新刊発見しちゃいました。

母との絶縁、義弟の自殺、夫の癌―写真家・植本一子が生きた、懸命な日常の記録。

きっと 今回もはずれないことでしょう。

早く読みたい。

どれだけ暴走しているかな・・・

 

    

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村