1年生11月の家庭学習を振り返る・その2

前回の記事ではきらめき算数をはじめた話題だけでしたので残りも。

 

国語は音読5分、漢字、それに+αで何か。

音読に使ったものは「斉藤孝の親子で読む詩・短歌・童謡」です。

一つの作品ごとに解説が書いてあり、詩や短歌を楽しめるヒントがあります。

漢字はチャレンジWebからプリントアウトしたものとはなまるリトルから。

学校で習った漢字でも知らない熟語だと書けない。

算数より難しく感じています(花子が)。

+αは出口の日本語論理トレーニングの応用編を終わらせました。

 

算数は点描写、計算、+αです。

点描写はこぐま社のひとりでとっくんのてんずけい3を終えました。

シリーズ1・2は同じ問題が2ページずつありましたが、3はぜんぶ違うもの30枚でコピー派にはお得感があります。

計算は賢くなるパズルを1冊終えました。

8月からちょこちょこ取組みました。

他はチャレンジWeb、陰山先生のやさしい100マスをちょこちょこ

+αはZ会のグレードアップ問題集の計算・図形を7割程、はなまるリトルも7割ほどまで進めました。どちらも残りが1年生の範囲をちょっと超えているので拒絶されない程度にしようと思っています。

1冊、1冊がきっちり終わらないのは管理する側はもやっとしますが、それはこちらの都合なので我慢、我慢。

12月はサイパー思考力算数練習帳より「たし算ひき算1」、トップクラス問題集の標準クラスを取組もうかな。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村