「はじめてのなぞぺ~」の後は何をしているか

なぞぺ~はそもそも花子(5才8ヵ月)が最近お気に入りのてんつなぎを買うついでに買ったものでしたが、てんつなぎの方はさほどすすんでいません。

なぜか。

それはネットで選んだときにサイズ等を確認せずに

3つ気に入りそうなものをお気に入りに入れてそこから花子に選ばせました。

それがこれです。

画像からわかるでしょうか。小さくて製本されているのです。

なのでてんつなぎをしたいときはがっつり力を入れて開き閉じないように手を重しにしながらやらなければいけません。

できないわけではないけど、ちょっとやりにくい。

できあがったら裏表紙から名前を確認し、書きます。

花子はひらがなの読み書きができることで満足していてカタカナには興味を示さず、

ひらがなで書いています。かろうじて読むことはできてカタカナをひらがなへ頭で変換はできているみたい。

できあがったら図鑑のように楽しめて可愛らしいんですけどね。

そんなであまり進んでいないので今は無料のサイトからプリントをがしがしダウンロードしてはりなしホチキスで2~3枚位とじてテーブルにおいておきます。

すると朝起きてボーっとしていても興味を引いてやってくれます。

私も台所にたちながら花子の相手をすることができます。

そして日々変わっていく興味に合わせて翌日のプリントを選べるのがいいなと思っています。

弱い平面図形もレベルにあったものを出すことができます。

ワークだとなんとなく頭から順にやりたくなるし、最後までやらせたくなる。

それを我が家でやるとただの親のエゴになっちゃうので。

選ぶのは多少時間がかかるけれど楽しくもあります。

 

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村